kαnnαgiのひとりごと

面倒くさがりなので、ちゃんと毎日ブログを書こうと思いました。それだけ。

今日のひとりごと - 2022/3/28

ブログの更新時間を変えたとて鈍っていいわけではない(自戒)

何故近年の乙女ゲーはこんなにも設定が重いのか
"近年"って制限つけたけど別にそうでもないかもしれない ここ10年ぐらいですね、乙女ゲーとか女性向けソシャゲのシナリオの暗黒さが増加してません? 特にhoneybeeから出るタイトル 具体的な例を挙げると『DYNAMIC CHORD』と『Blackish House』
個人的な乙女ゲー元祖暗黒化は『うたの☆プリンスさまっ♪』だと思ってるんですがあれが12年前(2010)なのでその時ぐらいからかな……? そこからタイトルごとにメインキャラとしか幸せになれない『華アワセ(2012~2019)』が生みだされ、上で出した『DYNAMIC CHORD(2014)』、『Blackish House(2016~2017)』、そして直近だと女性向けゲームの『アイドリッシュセブン(2015)』や『A3!(2017)』なんかも不穏な展開があったりしますよね 先に挙げた2つよりは全然ましな気がするけど……
いっそ原点回帰してとにかくあまくてラブラブっぽい乙女ゲーをやりたい人はいないの?!ねぇ?!?!

ネタ出す時間は増えたはずなのにネタが浮かばないの、今までの時間制限がアイデアを生み出すのに役立ってたんだな~と後悔している(早い)