kαnnαgiのひとりごと

面倒くさがりなので、ちゃんと毎日ブログを書こうと思いました。それだけ。

今日のひとりごと - 2022/1/28

昨日のパワポの話で訂正があって、あの時点では残り1日(24時間)どころか残り6~8時間だったことが判明しました 結果間に合いませんでした 何なら今も終わってません 何やってたんだろう

とうとう好きな人たちも新型コロナウイルスにかかってしまいました ライブは中止(振替公演検討中)、ラジオも出られない、もちろんテレビにすら出られない 逆にこの2年よくかからなかったねと、1ヶ月でもずれていたらもっと大変だった(紅白に出場できないおそれがあったので)ねと思ったりもして、でもやっぱり1番は悔しくて 何であの人たちが苦しい思いして自分はこうやって家で提出できなかったものの話をしているんだろうとも思って結果的に自分の存在が空しくなっている
彼らを慮るツイートもいるかどうかも分からない神へ運命やらへの祈りも今のうちに彼らの動画沢山見よう!みたいな発言も全部全部意味がない様に思える そうやって頑張ったって結果的に自分たちに出来ることなんて何もないからさ コロナvs彼らのタイマンだからさ 応援で何か変わるかもしれないけど最後には彼らの身体の免疫がどうにか踏ん張れるかってところだから
「良くなりますように」って言葉は自分も口にしたけど、それを懇願している対象が虚無だから何にも分からなくなってきた そして伝えたいことも分からなくなってきた この話はやめにします

「将来」とか「夢」とか「やりたいこと」みたいな言葉が苦手過ぎる 輝いていて眩しくて直視出来ないようなものに思える 10年ぐらい前はこの世の恐ろしさと自分の愚かさを知らずにのんきに将来やりたいことを話してそのうち飽きて夢をガラクタみたいに捨てて その度何回も何回も自分の心の中から生み出される眩しい眩しい夢の原石を新しく他人に見せびらかしていたけど とうとう自分の中の輝きのストックが枯れてしまったのかもしれない 削ろうとして頑張って不良品にした夢たちが今も足元に転がっていてそれをなぶるようにこの文章を錬成している
自分には何にも才能がないからやりたいことというより向いていることがないせいでそう言うことを考えることにめちゃめちゃな抵抗を示しているのかもしれない(この文章で気付いたこと)

一旦頭を空っぽにするために風呂入って筋トレします 筋トレは良い すべてを忘れられるので