kαnnαgiのひとりごと

面倒くさがりなので、ちゃんと毎日ブログを書こうと思いました。それだけ。

今日のひとりごと - 2022/1/8

プレゼンってこんな作るの大変だったっけ?!?!
どうも、レジェンドプレゼンターです。今日は個人的におすすめしたい作品のプレゼンをあと1時間で仕上げなきゃなんないので爆速でブログを終わらせるぜっ!!

①:AIのべりすと
ai-novel.com
というものを皆様ご存じだろうか。自分は割と知ってる方ではある。
「AIのべりすと」は、まぁざっくり言うと文章を打つと勝手に続きを書いてくれるパーペキ(死語)なAI先生なのである。自分も良く文章に行き詰まった時にお世話になるのだが、最近ネット上で「AIのべりすと先生にwikipediaを書かせることができる」という話を小耳に挟んだので自分も試してみた。
ちなみに先に言っておくが、今日のブログはこのネタだけを擦ります。

f:id:haruki_kannagi:20220108231909p:plain
書いたのは2行目の「日本の」までである

なんっっっじゃこりゃ。
ウケと困惑が混ざり合っていつぞやのオズワルド伊藤みたいになってる。何でそんなことになってんだ。
面白くなってきたので一度消してもう一度書いてもらおう。

f:id:haruki_kannagi:20220108232338p:plain
のべりすと先生、もしやイラストレーターが好きなのか?

またか。
妙に好きなゲーム欄はリアリティがあるしさっきからサークルの名前がおしゃれすぎてどこから知識を引っ張ってきたのか分からなすぎる。ただ2連イラストレーターにも飽きて来たのでちょっと書き進めよう。

f:id:haruki_kannagi:20220108232713p:plain
書いたのは2行目の「北海道出身」までである

ちょっと怖くなってきた。
『kαnnαgiの日記』ってタイトル、どことなく某目線ブロガーを思い起こさせてあれですね。
というか細かい情報(趣味、嫌いな食べ物、好き・嫌いな動物)が地味に合ってるのは何なんでしょうね。もうのべりすと先生が怖くなってきたのでここら辺で切り上げます。

②:自分由来のユーモアを捨てる
元々ある面白いネタを擦るの、楽ですね(最低発言)。とはいえこのまんまじゃひとりごと感が失せるのでほどほどにしますが。
あと最初の「レジェンドプレゼンター」って今思うとダサさが限界突破してる。悲しくならないうちに撤回します。
さ~て、プレゼン作るぞ~!!(残り30分)